DJM-450 ファームウェア アップデートしてみた

0

    JUGEMテーマ:DTM



    DJM-450 ファームウェアをアップデートしてみた。
    DJM-RECをちゃんと使うにはファームウェアのアップデートが必要なのでアップデートしてみた。

    アップデートにはUSBメモリ(FAT、FAT32)が必要。

    エフェクト on/off + TAP ボタンを押しながら電源ONでアップデートモードに入り、updファイルを入れたUSBメモリをDJM-450に挿すとアップデート開始。


    updファイルを入れるUSBメモリがFAT、FAT32でないと互換性が無くアップデート出来ないのでご注意ください。


    プリプロ音源を使って2枚使い / DJ スクラッチ 2014年ver 2018年ver

    0

      JUGEMテーマ:HIPHOP



      トラック制作、Rapレコーディング、ミキシング全て当方で行った Spit のプリプロ音源を使って二枚使い。

      フリースタイルな感じでスクラッチをしました。

      もっと練習します。。。


      2014年版。。。





      --- トラック制作、Rapレコーディング、ミキシング、クラブDJ、ライブDJ 承ります。(価格ASK) ---
      各種お気軽にお問い合わせ下さい。
      mail:info@neosound.jp



      DJM-REC で録音してみた / DJM-450 ファームウエアのアップデートが必須

      0

        JUGEMテーマ:DTM



        対応するミキサーにUSBケーブルでスマホを繋ぐだけでDJミックスが録音出来るアプリ DJM-REC を試してみた。
        DJ機器で今一番勢いのあるメーカー Pioneer DJ。
        DJミックスが録音出来るスマホアプリ DJM-REC とは流石。

        このアプリを使う為にはDJM-450のファームウエアのアップデートが必要なのだが、アップデート無しで録音してみた。(アップデートにはUSBメモリが必要。)
        アップデート無しで使うとエフェクトの余韻が消える。

        この動画を撮る際は同時にableton Live9にも録音した。
        カメラで収録してる音とLive9、DJM-RECのそれぞれの音を動画に収録。
        動画の最初のLive9で録音した方には縦フェーダーをカットしてもエフェクトの余韻が入ってるが、DJM-RECで録音した方には縦フェーダーをカットした際は無音になっている。

        後日ミキサーのファームウエアをアップデートしてもう一回試してみる。


        Vestax PMC05Pro3 vs Pioneer DJM-450 スクラッチ 二枚使い 比較動画

        0

          JUGEMテーマ:DTM


          Vestax PMC05pro3(2004年発売) と Pioneer DJM-450(2016年発売) の二枚使いした時の比較動画。

          スクラッチをすると音に結構な違いがあります。

          ※最初スクラッチの音が大きいので音量にご注意ください。


          DJミキサー 音質比較 / Vestax PMC05Pro3 vs Pioneer DJM-450

          0

            JUGEMテーマ:DTM



            往年のhiphop定番ミキサー Vestax PMC05Pro3(2004年発売) と先日新調した Pioneer DJM-450(2016年発売) の音質比較。

            2004年当時、hiphopのクラブには大体このPMC05が置いてありました。
            当時、新しくオープンするお店のDJセット、何買えば良いかの相談を受け、その際もこのPMC05を指定しお店に導入してもらってました。
            PMC05はサイズがスクラッチするのに丁度よく、幅が細すぎず太すぎない絶妙なサイズで具合が良いのでhiphopの箱にはピッタリのミキサーです。
            クロスフェーダーの交換も容易く、つまみを抜き、ドライバーで蓋を開けて外して載せ替えるだけって具合です。

            昨今、Pioneer DJのミキサーがクラブ設置ミキサーの主流になってるかと思います。
            エフェクターが秀逸で900nexus等のエフェクターを使える様にしとく必要があるので、900と同じ感覚でエフェクトが使えるDJM-450にしてみました。

            10年以上前のミキサーと近年に出たミキサー、価格帯は大体一緒のモノなので音質がどう違うか聴いてみてください。

            ちなみに、動画のサムネイルがカッコよくて気に入ってます。


            | 1/6PAGES | >>

            hiphopトラック販売

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>
            オーダーメイド hiphopトラック制作
            オーダーメイド hiphopトラック制作!


            各種 Booking

            トラック制作、都内でhiphopのクラブDJ、MCさんのライブDJ承ります。
            各種お気軽にお問い合わせ下さい。
            Booking 各種お問い合わせ → beatsniper@neosound.jp

            Pick Up

            twitter

            にほんブログ村

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM