【サッカー ブログ】キリンカップ2016 日本代表(FIFAランク 53位) VS ブルガリア代表(FIFAランク 69位)

0


    2016年 キリンカップ
    6月3日 豊田スタジアム
    日本代表7-2ブルガリア代表

    日本代表(FIFAランク 53位)
    ブルガリア代表(FIFAランク 69位)

    日本代表7得点の快勝。
    アモーレで話題の長友選手の香川選手へのアシスト、クロスは流石。
    川島GKが久しぶりの代表復帰、2失点するも最後にPKを防ぎシビレた。
    本田選手が怪我で出れないのが残念だったが、本田選手無しでどういう試合するか試す良い機会だったろう。

    ホームでFIFAランクが下のチームに快勝しただけだと言われるだろうが、勢いが大事だと思うから快勝は素晴らしい。
    2失点が気になるが攻撃力は十分。

    決勝は7日 日本代表 VS ボスニア (大阪・市立吹田サッカースタジアム)。
    ボスニアのFIFAランクは20位。 ピアニッチ、ジェコ等の主力は来日していない。。。
    日本代表、キリンカップ 是非とも優勝してもらいたい。

    【サッカー ブログ】UEFA チャンピオンズリーグ 2015/2016 レアル 対 アトレティコ

    0
      JUGEMテーマ:欧州サッカー

      UCL 15-16 決勝

      レアルマドリード VS アトレティコマドリード

      2016年5月28日
      会場 ジュゼッペ・メアッツァ

      試合前に Alicia Keys のショーケース。。。
      五輪みたいな雰囲気だった。。。


      前半 15分 クロースのFKからベイルがフリックしてラモスがゴール。
      その前のセットプレーでも危なかったがセットプレーでアトレティコは1G奪われる。

      レアルは1点獲った後失速。
      ベイルとモドリッチはキレてたが、ロナウドのキレが無かった。

      後半開始早々、トーレスがエリア内で倒されPK獲得もグリーズマンのPKはポストに当り入らず。
      後半はポゼッションもアトレティコのが上回り、後半79分にファンフランのクロスからカラスコの同点弾で延長へ。

      90分でレアルは3人交代、アトレティコは交代1人。
      レアルの選手は何人か足つってた。
      延長戦、交代枠2人残してるアトレティコのが有利だと思ったが決着付かずPK戦へ。

      PK戦、レアルの5人目ロナウドが決め 5-3 でレアルの勝利。


      アトレティコの方は選手層が薄いからギリギリまで交代枠を使わなかったのか。
      スタメンは良いがサブに代えれる選手がいない状態だったのかもしれん。

      いつも思うが決勝の後の表彰式、負けたチームは辛い。
      特に、120分プレーしてPK戦で負けで疲労MAX状態。
      勝って優勝したチームはその疲労感が逆に心地良く最高の気分だろう。

      アトレティコ 次こそ。

      【サッカー ブログ】キリンカップサッカー メンバー発表記者会見 - 僕が監督ならフォメ

      0
        JUGEMテーマ:日本代表
         


        サッカー日本代表 キリンカップ メンバー発表記者会見

        槙野を左SBで使いたいらしい。
        左SBと言えば長友だと思うんだが、長友を右SBにして本田とコンビ組むのかも。。。

        家長の話題が出たのがビックリした。
        ガンバのジュニアユースで一緒だった本田と家長。
        2人は同級生で誕生日も一緒。
        本田はユースに昇れず、家長はユースに昇格。。。
        本田と家長が代表でプレーしたら胸熱、いよいよスタジアムに応援に行きたいってレベル。


        キリンカップ日程

        6月3日・豊田スタジアム
        日本 vs ブルガリア

        ​6月7日・市立吹田サッカースタジアム
        日本 vs デンマーク or ボスニア・ヘルツェゴビナ 


        メンバー

        GK
        西川周作(浦和)
        東口順昭(G大阪)
        川島永嗣(ダンディーU)

        DF
        槙野智章(浦和)
        長友佑都(インテル)
        吉田麻也(サウサンプトン)
        酒井高徳(ハンブルガーSV)
        酒井宏樹(ハノーファー96)
        昌子源(鹿島)
        森重真人(F東京)
        丸山祐市(F東京)

        MF
        長谷部誠(フランクフルト)
        香川真司(ドルトムント)
        清武弘嗣(ハノーファー96)
        柏木陽介(浦和)
        遠藤航(浦和)
        大島僚太(川崎)
        小林祐希(磐田)

        FW
        本田圭佑(ACミラン)
        岡崎慎司(レスター)
        宇佐美貴史(G大阪)
        金崎夢生(鹿島)
        小林悠(川崎)
        原口元気(ヘルタ)
        浅野拓磨(広島)


        独断と偏見で僕ならこうしたいっていうフォーメーション



        守備に難がありそうなフォーメーションだが、攻撃的に。

        岡崎ワントップの下に本田、そのちょっと下に香川。
        本田、香川、岡崎の距離を近くし、他がそこに絡んでくイメージ。

        サイドの清武、小林は前の3人に絡むか、相手の守備が前の3人に集中する分空くスペースを上手く使う感じ。
        長谷部は守備でキッチリ相手の攻撃を刈る感じ。

        左SBの槙野は守備に効かす感じで3バックにスライドしたり攻撃したり色々。
        CBの森重、吉田はラインコントロールをキッチリ。
        右SBの長友は前の本田、小林と3人で右サイドを攻める感じ。

        GKは西川でビルドアップにも絡むくらいボール回しに参加する感じ。


        前からのプレスとラインコントロール、カウンターを気にせずラインを常に高くしスペースを狭く、ボールを奪われた時にすぐにプレスにいける距離感でどう?

         

        【サッカー ブログ】コッパイタリア ACミラン 対 ユベントス #Milanjuve

        3
        JUGEMテーマ:欧州サッカー

        コッパイタリア決勝 ACミラン vs ユベントス
        スタディオ オリンピコ ローマ

        スタジアム満員。(たぶん)

        ハーフタイムに2024年のローマ五輪招致に向けたイベントもあり、マッタレッラ大統領も試合観戦。




        試合は延長戦の末、途中から入ったモラタのゴールでユベントスの勝利。


        ミラン、惜しかった。

        シーズンのミランとは全然違う雰囲気で、セリエ5連覇のユベントスと五分の勝負をした。
        ミランはボール失った後のプレスがシーズンの頃とは全然違い、奪われた後の切り替えが速かったからユベントスに主導権を握らせなかった。
        ミランは勝って優勝しないと来季のEL(UEFAヨーロッパリーグ)に出れない状態だったからモチベーションが高かったってのもあるが、ユベントスより良いプレーをしていた。


        本田選手。
        120分間集中し最後までユベントスを苦しめた。
        延長115分にエリア内でのドリブルの仕掛けでPKかと思ったが、笛は吹かれず。
        あの場面、キエッリーニの守備が上手かったし、115分走って疲労が蓄積された状態でドリブル、足の回転を速めるのは厳しい。
        ユベントスのアッレグリ監督は本田選手がミランに入団した時の監督。
        その後、1ヶ月程成績不信により解任されてしまったが、本田選手の特徴を良く知った監督。
        本田選手のマークに付いてた選手を60分で交代(エブラに代えサンドロ)、相当警戒されていたのだろう。


        ユベントスのディバラのボールの奪われなさと、マンジュキッチのチェイシング、ポグバの足の伸び、キエッリーニの判断力、モラタの一発 は流石だと思ったが、ミランも負けていなかった。

        ミランのティフォージ達、満足したとまでは言えないが、納得というか理解というか、悪い気だけはしなかったと思う。。。

        来期の監督が誰になるか、チームは買収されるのか、選手はどうなるか等々色々あるが、本田選手所属のミランを応援します。
         

        レスター リーグ初制覇決定 イングランド プレミアリーグ 2015-16

        0
          JUGEMテーマ:欧州サッカー

          サッカー日本代表の岡崎選手が所属するレスターがリーグ初制覇。
          イングランド プレミアリーグ残り2試合、2位のトッテナムがチェルシーと2-2で引き分け、勝ち点が7となり初優勝が決定した。

          昨シーズン下位争いだったチーム。
          監督を代え、ラニエリ監督就任1年目でリーグ初制覇。
          ラニエリ監督はイタリア人の監督。
          1986年からセリエ、プレミア、リーガ、ギリシャ代表等で指揮してきた監督だがリーグ制覇は今回が初。

          創設年 1884年 のレスター。
          今年の当初の目標はリーグ残留だったらしいがリーグ初制覇。

          総人件費はプレミアリーグ20チーム中、18位。

          開幕前のオッズが5,001倍。

          名古屋グランパスでもプレーしたリネカー氏。
          レスターユース出身、レスターが経営破綻した際には私財を提供し救った。
          そのリネカー氏、レスターが優勝したらパンツ一丁でテレビ出演を公約。

          色々と凄い事になってる。

          長いシーズンを運だけで制覇するのは不可能な訳で、監督と選手の相性が抜群に良かったんだろなと思う。


          優勝が決定した瞬間。
          FWのヴァーディー宅に選手達が集まって2位のトッテナムの試合を観戦してたっぽい。



          ファン達の反応



          来季のシーズン、CLで何所までいく。
          選手全員がハードワークするチームで、CLで試合数が増えると選手のコンディションをどうやってキープするか、補強にどういう選手を選ぶのか興味ある。

          岡崎選手はもっと自分が活躍してチームを勝たせたいって思ってるみたい。
          来季のCLでの活躍に期待。
           

          << | 2/2PAGES |

          hiphop トラック販売

          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          2627282930  
          << November 2017 >>

          Pick Up

          twitter

          にほんブログ村

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM